2007年05月31日

借金姉妹の主人公 大倉弘之

借金姉妹の主人公、大倉弘之(おおくら ひろゆき)は、翔陵学園(しょうりょうがくえん)に通う2年生。

親元から離れ、自堕落な一人暮らしをしていた弘之は、ある時、学園でも指折りの美少女である同級生、借金姉妹の宮森香帆(みやもり かほ)と、翔陵学園の教師をしている借金姉妹の宮森香純(みやもり かすみ)が、死んだ父親が遺した多額の借金を負っている借金姉妹であることを偶然知った。

月々の返済では利子分すらまかなえない状態に陥り、借金姉妹はいつ風俗に売り飛ばされてもおかしくない状況だった。

生活態度などで幾度も説教する香純を疎ましく感じていた弘之だが、話を聞いて借金姉妹に同情を寄せ、仕送りを元手に株式運用で儲けた利益を提供しようとした。

しかし、借金姉妹の香純は弘之には関係のない話として、あっさり断ってしまう。その香純の態度に弘之は憤慨し、同情が一転憎しみに変わる。

借金姉妹が誰かに汚されるのなら、その前に自分の手で汚してやりたい……。

憎しみの中からわきあがる黒い欲望に弘之は、とあるルートを使って、借金姉妹の債権を買い取ることに成功する。

借金姉妹の債権者となった弘之は、困惑する借金姉妹に対して当然のように言い放った。

金が払えないのなら……後はわかるだろう?

追い詰められた借金姉妹の香純は、香帆に手を出さないという条件に、弘之の要求を飲むことになった……。

借金姉妹の運命や・・・
posted by 借金姉妹すごい! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。